「湧く」 Project

プロジェクト名の「湧く」は水が湧く、虫が湧く・・・の湧くから名付けました。
それは“無”から“有”が湧くが如く、宇宙の摂理に基づく根本と考えます。
私たちは人々の営みの根本は自然からの恵を贈与される「農」に始まると考えます。
その意味で「湧くプロジェクト」は今、巷で使われる自然農法、有機農法とは一線を画します。 なぜなら今、巷で使われている自然農法や有機農法は戦後の化学肥料や農薬による農業の合理化、増産に対する反意語を越えてはいないと思うからです。
自然農法や有機農法を否定はしませんが、化学肥料や農薬を拒否するだけではなく、自然からの贈与による共生と営み・・・。更には肉体を媒介した農作業から学ぶ知恵と感性が生み出す社会を突き詰めたいと考えているからです。
そして、私たちは「湧々農場」を実践の道場とし、成果を示すことから始めたいと思います。

一般社団法人・地域再生道場

「一般社団法人・地域再生道場」は「湧々農場」のマネージメントを主業務とし、その普及を図ると共に、自然から贈与された恵みを尊重した食生活をはじめとする生活全般の改善を図ることにより、あらゆる生物が共生できる地域社会の実現を目指し、地域と社会の発展に寄与することにあります。

湧々農場

「湧々農場」は南砺市立野が原にある吉田稔氏の農場を吉田稔氏が長年培ってきた農法を基本に、健康的で質の高い農産物を生産する農業を探求すると同時に、吉田氏が培ってきた経験と農法技術を伝承する農場道場です。

「湧く」 Project